立川 保険相談

立川駅近くの保険相談

東京都立川市にあるJR立川駅近くで生命保険の相談したい人に知ってほしいことは、立川駅近くには保険相談店がたくさんあるということです!
東京都立川市最大のターミナル駅立川駅近辺は、大学生をはじめとする学生や専業主婦、小さな子供、働いている社会人、年金で暮らす年金生活者等、年齢関係なく行き交う街です。
人口も多いからこそ保険相談を希望する人も多いので、保険見直しで訪れる人も連日多く、立川駅周辺では保険相談窓口も多くあります。それでは立川駅近くに有る保険相談ショップをいくつか紹介します。
まずはほけんの窓口立川支店です。場所は東京都立川市柴崎町3−2−23の住所で、JR立川駅南口ペデデッキから徒歩30秒と非常に近い立地です。営業時間は午前10時から午後20時までで、定休日はないので便利です。
次に保険相談サロンF.L.Pルミネ立川店です。住所は東京都立川市曙町2−1−1ルミネ立川1階にあります。アクセスとしてJR中央線、南武線立川駅下車でアクセス可能です。営業時間としては、午前10:00〜午後21:00までと遅くまで営業しています。
次は保険見直し本舗立川駅前店です。住所は東京都立川市曙町2−13−3立川三菱ビルディング8Fにあります。JR中央線立川駅北口から徒歩1分の距離にあります。また多摩モノレール線立川北駅南口からも通えて、多摩モノレール線立川北駅南口からだと徒歩3分の所にあります。
4番目は、ほけん百花高島屋立川店です。場所は東京都立川市曙町2丁目39−3高島屋立川店5Fにあります。アクセスとしてはJR立川駅徒歩5分の距離にあり、営業時間は10:00〜19:00なので、比較的早い時間帯に閉まってしまうのでご注意ください。
最後は保険クリニック立川店です。住所は東京都立川市曙町2−34−13オリンピック第3ビル3Fにあります。アクセスするには立川駅北口より徒歩4分の所。営業時間は10:00から18:00までで、定休日は水曜日&祝日、年末年始となっています。
以上紹介した5つの保険相談ショップのうち、どの保険相談ショップも生命保険会社の取り扱いがあります。
つまり万一の際の死亡保険、お子様のための学資保険、入院手術に役立つ医療保険、大きな病気癌を保障するがん保険、生きていても便利な養老保険、将来に備える個人年金保険等を紹介できます。
まだ一度も保険加入したことがない人には、新しく保険加入するためにアドバイスするのはもちろん、店舗担当者が新しい保険の案内や自身の状況に応じた必要な保険の情報提供、既契約保険の診断や保険見直し、アドバイスもしています。
将来的にどうしても心配な、国の年金制度に対して安心するために年金を補填する方法や、将来の子供の教育費・養育費の積立準備方法なども相談にのってくれます。
生命保険の保険相談ショップに国の国家資格として認定されている、保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が在中していて、保険に関する専門的知識や見識をあなたに情報提供してくれます。
私たち保険の素人が生命保険会社に勤めている営業マンに言われたまま鵜呑みに保険加入をしてしまったり、自分でネット検索した結果間違った保険加入をしてしまっているケースもあります。
何年もかけ続けることを前提に加入する保険に対して、失敗のない保険選びをするためにも、保険相談窓口にいる中立的なファイナンシャルプランナー(FP)にアドバイスをもらってから、保険会社の保険には加入した方がいいのです。
大切なお金は出来るだけ負担したくないし、損のないよう大事に使いたいものです。となれば保険相談ショップで複数の保険会社商品を扱うファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのは必須です。

実は国内に生命保険会社が50社以上あるのをご存知でしょうか。50以上あるなかから、自分に適切な保険会社と保険商品を選ぶのは難しいです。生命保険で営業経験ある人ならわかるでしょうが、生命保険はプロに一度相談してもらい第三者的意見を聞くのは加入前には必須なことです。
立川駅近辺にある保険相談ショップで体験で一度相談しても、強引にいきなり保険に加入してくれ!と言われることはないでしょう。勧誘があっても保険相談を開始する前に、店舗にいる担当者に今日は保険には入るつもり、見直しをするつもりがないことを伝えておけばいいです。
立川で保険無料相談をしても客観的な目で話を聞いて、ご自分にあった保険選びをしてください。いままで一度も保険加入したことがない人は、保険の紹介をされても一度では理解できないでしょう。
ただ立川には多くの保険相談ショップがあるので、いくつかの保険相談窓口に行って話を聞いてから保険加入しましょう。

 

 

がん保険の注意点

 

がん保険は、総合保険に特約として付けることができます。
保険料は、その分プラスになりますが、千円程度です。3大疾病と言われるほど、最近ではがんの患者数は多いです。

 

がん保険に加入していれば、すべてカバーできるわけではありません。手術代、入院代が保障される、と証書に書いてあると思いますが、プランの説明書には、注意書きがあって、先進医療のような、莫大な金額は出ないのです。ガンマ線治療や、放射線治療は、出ない可能性があります。また、がんの治療による通院は、一番お金がかかると言いますが、保障は日数が決まっているのです。プランによって、詳細は異なりますが、皮膚がん、浸透性がんは、がん保険で対応してもらえないことが多いです。

 

がん保険の、普通の利用事例としては、がんと診察された時点で、告知の際の見舞金として数万、入院費用、手術代、抗がん剤治療の補償になるようです。医療特約も付けていると、通院・手術代がさらに手厚くなります。

 

もし、医療特約だけだった場合は、入院代、手術代だけになってしまします。ガンの治療は、手術後の治療が高額になると言われています。プランの見直しを考えていらっしゃる方には、しっかり保障を確認することをお勧めします。自分一人で考えるのが大変なら、保険のプロのファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?中立的な立場であなたにとってベストな提案をしてくれるでしょう。おすすめは保険のビュッフェさんです。保険のビュッフェさんについて、このサイトが一番参考になります↓

 

保険のビュッフェ | 申込み前に気になったこと調べてみました!